メタボを解消する食生活のポイント

メタボリックシンドローム

メタボ解消への道を進むと決めたら、まずは食生活を見直しましょう。
ダイエットの基本も、日ごろの食生活にあります。
メタボなど健康状態で指摘された場合は『食事療法』として、食生活の改善を指導されます。

 

食生活のポイントは2つあります。

@バランスよく栄養を摂る
Aカロリーコントロールする

 

裏を返せば、栄養が偏っていてカロリーをコントロールしていないとメタボになりやすい食生活と言えます。
主食が菓子パン、毎日のように同じような丼もの、ラーメン、など。
偏った食生活を送っていないでしょうか。また、摂取カロリーをオーバーしていませんか。

 

そのままの食生活では、足掻いたところで脂肪は減りません。
メタボを解消するためにも、栄養バランスとカロリーコントロールを意識しましょう。

 

栄養を補いながらカロリーをコントロールできるのか?

 

メタボを解消する食生活のポイント

 

私たちが必要な栄養素はたくさんあります。中でも五大栄養素が重要などと言いますが、栄養を摂るためには、あれこれ食べなくてはなりません。となると、カロリーオーバーが気になりますよね。

 

栄養バランスを意識してもカロリーがオーバーしては本末転倒です。
簡単にカロリーコントロールしながら栄養を摂る方法としては、「一食置き換えダイエット」という方法がオススメです。これなら簡単に総摂取カロリーを抑えられます。

 

この置き換えダイエットに用いる食品についてですが、色々とある中でオススメは「酵素ドリンク」です。

 

メタボを解消する食生活のポイント

 

メタボが気になる年齢的に見ても、体内酵素が減少しています。その酵素を補うことも、ダイエットにつながります。
体内酵素には消化酵素と代謝酵素があり、つまりは酵素は消化活動と代謝機能に携わっているので、それを補うことで若い頃と同じく痩せやすい体作りになります。

 

しかも1食置き換えるだけでOKです。
他の2食については、栄養バランスに気をつけつつ、好きな物を食べて構いません。
効果的に脂肪を減らすには、夕食置き換えが効果的ですが、生活スタイルに合わせて調整してください。

 

極端な食事制限はNG!

メタボを解消する食生活のポイント

さぁ食生活を改善しよう!と意気込んでも、結果的に失敗してしまう人が多いと言いますが、これは食事制限の落とし穴です。
極端に食事制限している人ほど、失敗してしまうケースが多いです。

 

単純に食べる量を減らすのが、食事療法ではありません。冒頭であげたように、「栄養バランス」も重要です。
確かに食べる量を減らすとカロリーは抑えられます。しかし、栄養バランスの方はクリア出来ません。
極端な話、毎日ラーメン大盛りを食べているとします。そのラーメンの量を普通サイズにするだけでは意味がないのです。
カロリーは少なからず抑えられても、同じ原材料ですから摂る栄養は変わりません。

 

また、急激に食事量を減らした時も体が追い付かず、失敗に終わることがあります。
たとえば、ご飯の量を減らして一品サラダや低カロリーで栄養が摂れるものをプラスするなど、栄養バランスを考えながら、少しずつ食生活を変えていきましょう。

 

 

 

メタボ解消のために送る食生活のコツ

メタボを解消する食生活のポイント

 

食べた物を記録する

少し前に「レコーディングダイエット」が流行りましたが、これはとても効果的なダイエット法です。健康的にダイエットを送るためにも、食事の内容を記録すると、分かりやすく振り返ることが出来ます。
また、朝食や昼食の内容を見直すことで、夕食の量を調節出来るなどのメリットがあります。
具体的な栄養素を書きとめる必要はありません。何を食べたか、主食や主菜はどのようなものだったかを書きとめるようにしましょう。

「一汁三菜」が基本

基本の食事は「一汁三菜」ですが、これはダイエットにおいても理にかなっています。
主食をご飯として、副菜を二品、汁ものを一品という食事内容が理想的です。
たとえば、かつ丼を食べるなら、ご飯ととんかつとサラダとお味噌汁にした方が、バランスよく栄養を摂れます。
また、食後にヨーグルトや果物を適量取り入れると、他の栄養も摂ることが出来ます。

ダイエットしていることを意識する

ダイエット中は意識しないと、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうことがあります。
「今はダイエットしている、バランスよく栄養を摂るように心がけている」という意識をもって生活を送ってください。
意識するだけでも、たとえ外食でもメニュー表を見た時に、普段とは違うメニューが目につくはずです。

食生活の改善を成功させるには「意識すること」が一番大切!

メタボを解消する食生活のポイント

 

意識が薄れてしまうと、朝はトースト・昼はラーメン・夜はコンビニ弁当などと、偏った食生活に戻ってしまうことがあります。
栄養バランスを意識する、その気持ちが食生活の改善に重要です。

 

さて、栄養にはさまざまな種類があります。その栄養素に関する知識は、素人では薄いものです。栄養士などのプロなら把握出来ていますが、実際のところ栄養素の種類やそれぞれの働きが分かりませんよね。

 

まず、三大栄養素というものがあり、これはタンパク質・脂質・炭水化物を表します。
そこにビタミンとミネラルを加えたことを五大栄養素などと呼びます。

 

このように栄養素を意識することも大切なのですが、栄養素ひとつひとつに神経質になる必要はありません。複雑に考えると、ストレスになってしまいます。
偏った食生活を送っている方は「一汁三菜」を意識するだけでも、食生活は良い方向に変化します。