脱メタボ!お腹周りをすっきりさせる方法

メタボリックシンドローム

ここ近年よく話題にあがる「メタボリックシンドローム」
通称、「メタボ」は、今日本人にも多いとされています。

 

またメタボではないという方も、早めの対策が功を奏します。

当サイトでは、お腹周りの脂肪を落とすための方法を紹介しています。

 

メタボを解消していく方法はいたってシンプルです。
脂肪を落とすことが目的なので、普通のダイエットと同じく、「食事の改善」と「適度な運動」がポイントになります。
極端に食事制限したり、激しい運動を行う必要はありません。出来ることから始めてみましょう。

 

たとえば、揚げ物や肉料理が好きな方は脂っこい食事を摂る回数を減らす、毎晩のように晩酌する方はお酒を飲む頻度を減らす、運動不足の人はエスカレーターなどを使わずに階段を使ったり一駅分歩くなど。

 

メタボ解消サプリ 脱メタボ!お腹周りをすっきりさせる方法

小さなことからでOKです。小さなことでも積み重ねることで大きな変化につながります。

 

ちなみに、メタボは男女関係なく誰でも起こることがありますが、脂肪の種類には違いがあると言います。
男性の場合は「内臓脂肪」と言って内臓まわりに脂肪がつき、お腹まわりがポッコリと出ます。いわゆる、リンゴ体型です。

 

女性は体質上、皮下脂肪が多くつきやすいので下腹部からヒップにかけて脂肪がつきやすく、洋ナシ型と言われています。
どちらにしても余計な脂肪であることに違いがないので、今からでも、その脂肪を減らしていきませんか?

 

脱メタボにオススメの製品ピックアップ

 

メタボの解消を目指している方にオススメのお茶やサプリメント商品をピックアップしました。

 

 

メタボリックシンドローム

きなりの特徴

脂肪燃焼だけでなく、コレステロールや血栓など、健康がトータル的に気になる方にオススメのサプリメント。 きなりは中性脂肪を減らしたり、血液サラサラ効果のあるDHA・EPAを豊富に含んでいます。1日分で推奨量の約半分をカバーすることが出来ます。 DHAとEPAは酸化に弱いのですがクリルオイルを使用しているため酸化することなく体内に吸収されます。 また、出来てしまった血栓を溶かす作用を持つナットウキナーゼも配合しています。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 当サイト限定価格でご案内!
 
 

メタボリックシンドローム

三黒の美酢の特徴

本格的に脂肪を減らしたい方におすすめしたいサプリメント。 黒酢もろみ・黒にんにく・黒卵黄油、以上3つの黒素材を使用しているのが特徴です。どれも健康やダイエットに良い成分がたっぷり含まれています。 とくに脂肪燃焼に欠かせないアミノ酸が充実しています。 豊富なアミノ酸の働きにより脂肪燃焼が効率よく行われます。黒にんにくに含まれる成分は皮下脂肪にも働きかけ、ラ脳油は悪玉コレステロールをbン解する働きがあります。 黒いカプセル状になっていますが、このカプセルはDHA&EPAで作られており、なにからなにまで健康的に仕上がっています。 これだけの素材が使われていて価格は単品で2,800円。また、初回のお客様は980円でお求めいただけます。

価格 2,800円
評価 評価4.5
備考 初回のお客様は980円
 
 

メタボリックシンドローム

メタボメ茶の特徴

メタボメ茶は、プーアル茶や杜仲茶、ウーロン茶などをブレンドしたダイエット茶です。 ダイエットをサポートするカテキンなどのポリフェノールがたっぷり含まれていて、メタボ解消を応援! 体に良い黒豆も使用し、コクのあるお茶に仕上がっています。 脂っこい食事を好む方、外食が多い方にとくにオススメです。 今ならお試しサイズ1週間分が900円で購入出来ます。

価格 900円
評価 評価4
備考 お試しサイズ1週間分
 

 

メタボリックシンドロームの基準

メタボリックシンドローム

メタボは、お腹まわりが出ている、という単純な話ではありません。

 

まず、腹囲が85センチ以上がメタボリックシンドロームの一つの基準値になります。

 

そして、「内臓脂肪型肥満、脂質異常症、高血圧、高血糖」のうち2つ以上に当てはまった場合に「メタボリックシンドローム」と診断されます。
まだメタボと診断されていない方でも肥満気味の方は、メタボ予備軍に入る可能性はあります。

 

また、腹囲85センチ以上というのは一つの目安に過ぎません。
もともと大柄な方や、スポーツの影響でお腹周りが厚い方、筋トレを習慣にしている場合、筋肉によって85センチ以上になっていることもあります。

 

筋肉であれば問題ありません。問題となるのが、脂肪です。
体脂肪率やBMI指数が参考材料になります。

 

筋肉ではなく、お腹まわりが集中的にポッコリと出ている時にはメタボを歌が合ってください。

 

意外と知らないメタボの危険性・・・

メタボリックシンドローム

肥満体型、メタボ気味という自覚があっても、改善を始められずにいる方も多いと思います。
「年齢的に仕方ない…」「だって、仕事が忙しいから生活改善できない」「お酒を減らしたい。でもストレスを感じてつい…」などと、どこか言い訳していないでしょうか。

 

『でも、だって、仕方ない』という言葉は言い訳でしかありません。
仕事が忙しいからといって、このままで本当に大丈夫ですか?

 

メタボは深刻化すると、将来的に動脈硬化などを引き起こすリスクが高くなります。
動脈硬化が起きると、いつ、脳梗塞や心筋梗塞が起こるか分かりません。唐突に命に関わる脳疾患や心疾患のリスクを高めてしまっているのです。

 

改めて、メタボの危険性を考え直してみましょう。
最近「メタボ」と聞くことが増えたのも、日本人に増えたことが影響しています。これが死因との関係もあるために、メタボリックシンドロームについて勧告されるようになっています。

 

言い訳をする前に、出来ることからメタボ解消を目指していきましょう。